ロスミンローヤルはシミ・小じわに効く医薬品として多くの女性に支持されている商品です。
医薬品と言われると副作用が心配になる…ということで、ロスミンローヤルの副作用があるのか?ないのか?についてお話ししていきます。

まず医薬品と言っても3つのカテゴリに分けられます。

・副作用のリスクが一番高い「第一類医薬品」
・副作用のリスクが中くらいの「第二類医薬品」
副作用のリスクが最も低い「第三類医薬品」

この3つに分類されていて、ロスミンローヤルは最も副作用リスクが低い「第三類医薬品」に分類されます。

ですので、用量・用法を守って服用すれば特別心配するような副作用はありません


ロスミンローヤルを飲むなら医師に相談すべき人

ロスミンローヤル副作用

ロスミンローヤルが医薬品とは言え、副作用のリスクが低いというお話はしましたが、こういう方は注意が必要ということをお話ししておかなければなりません。

第三類医薬品とはビタミン剤と同じ部類なので副作用とは無縁で、よほどのことがない限り飲み合わせが悪いということもありません。

ただ、今現在通院していて病院から処方された薬を飲んでいる方、アレルギーを持っている方、同じような美白医薬品で反応があった方は、服用前に成分を見せて担当医に相談してください。
副作用が出てしまう可能性がとても高いと考えられますから。

他の方はだいたい服用しても大丈夫です。万が一、体に異変が起きたら一旦飲むのを止めて様子を見てください。体調が戻らないようなら病院へ行って診察を受けてください。


ロスミンローヤルと上手く付き合う方法は飲み方にあった!

ロスミンローヤルは医薬品なので用量・用法はしっかり守ってね!とサラッと言いましたが、実はとても大切な所なので念押ししておきたいと思います。
せっかく良い医薬品に出会えたとしても副作用が出て飲めなくなっては勿体ないので”飲み方”についてお話しておかなければなりません。

簡単なことです。用量・用法をしっかり守ること。

「1日3回・1回3錠」

鉄の掟として守っていただけたら問題ありません。

「忙しい朝、朝食が食べられずロスミンローヤルも飲めなかった。
やっとランチにありつけた!食後にロスミンローヤルを朝の分を足して6錠飲もう♪」
 ↑
これはやってはいけないことで、過剰摂取していることになります。

なぜなら、1回3錠のルールを破っているでしょう?朝の3錠分が過剰摂取となるのです。

また…
食後に服用というのがロスミンローヤルのルールですが、ご飯を抜いたけどロスミンローヤルだけ飲んでおこうとするのも危険です。
空腹時に飲むと胃が荒れてしまう可能性が高くなるので避けた方がいいでしょう。
どうしても飲みたい場合は、軽くお腹に入れてから飲むようにしましょう。

これで副作用が出る心配はほぼ取り除きました。
ルールを守ってコツコツ飲み続けていれば、必ず体の変化、お肌の変化に気づく時期がきます。そこがあなたのお肌のターニングポイントになりますよ。

⇒シミ・小ジワ、もう気にしない! ロスミンローヤルが今だけ1,900円